就職内定者へのインタビュー
村瀬 早紀さん(日本航空株式会社)

2016年度に複数の航空会社からキャビンアテンダント(CA)の内定を獲得した、ダンジェロ先生ゼミの村瀬さんにインタビューしました。

Q1.念願だったCAの内定をもらった率直な感想を聞かせてください。

最初は信じられない気持ちとうれしい気持ちでいっぱいでした。昨日、内定式にも参加し将来の同期と出会い素敵な方が多くこれから一緒に働いていけると考えると毎日ワクワクしていています。また、英語力やマナー面などもっと学びたいという気持ちも強まり残りの学生生活の時間を活用していきたいと思っています。

Q2.CAになるためにどのような努力をしましたか。

ありきたりかもしれませんが、やはり語学力はCAにとって大変重要な能力だと感じましたので、積極的に留学に参加しました。国際英語学部では二度、必修科目としての短期留学が含まれていましたので英語を学ぶには最適な環境が整っていました。しかし留学を通して得た一番大切な事は異文化理解をする力だと感じました。最初は戸惑いも多くありましたが、今では海外に多くの友人を持つことができ、語学力ももちろんですが留学生活を通し、たくさんの事に挑戦し経験することが私にとってプラスになったと感じました。

Q3.ダンジェロ先生のゼミをはじめ、大学での学びにはどのように取り組みましたか。それはどのように役立ちましたか。

三年次のゼミではアメリカからの留学生と共に授業を行い、プレゼンテーションやディベートなど全て英語で行いました。国際英語学部の授業は少人数で行うクラスが多く、参加型の授業が多かったので学んだ英語を実践する機会が多くあり自然と英語力を伸ばしてくれました。

Q4.これからCAを目指す人にアドバイスを

就職活動が始まり、実際に説明会などに参加して周りにいる人が自分より素敵に見えて諦めたくなることも何回もありましたが、最後は自分を信じることができて本当に良かったと思いました。学生生活の間に部活や留学、アルバイト、サークルなど一つでも多くの事に参加して多くの人と出会い、たくさんの挑戦をしてみてください。

Interview

pagetop