教員紹介

PROFESSORS

プロフィール

亘理 陽一 教授

WATARI Yoichi

学位博士(教育学)
所属言語文化学科
出身校北海道大学大学院教育学研究科 博士課程
専門分野英語教育学・教育方法学
担当科目英語科教育法Ⅰ・Ⅱ、英語科単元構成論、英語教育演習Ⅰ・Ⅱ
研究室名古屋学舎16号館 306号室

自己紹介

主たる研究内容は、1)教育研究の方法論的検討、2)英語授業の教育内容構成理論の構築、3)言語的知識の形成とコミュニケーション活動との有機的連関構造の解明、4)英語教員養成課程におけるpedagogical content knowledge (PCK)の形成過程の解明です。もともとの、そして究極の関心は言語学的成果にもとづいて教育内容・教材を構成し、実際の授業を通じて学習者が「わかる」・「できる」ようになる過程を明らかにすることにあります。英語教員養成に携わってきた経験から、学校教育の一環としての外国語(英語)教育の目的・内容・方法の研究を通じて、みんなが知的喜びを共有でき、生徒も教師も楽しく学べる授業・カリキュラムのあり方を追究しており、その担い手である英語教師(集団)の成長とその支援にも強い関心を持って活動しています。自他にとって心地よいコミュニケーションとはどういうものかを常に考えながら、ことばを駆使してそれを実践する。外国語をそのように学ぶことを通じて自己(認識)、他者へのまなざし、ことばの見方・考え方・使い方のそれぞれに変容がもたらされるような授業を理論的・実践的に形にしていきたいと考えています。プロフィールや活動の詳細はwww.watariyoichi.netをご覧ください。

主な論文・著書

論文

  • 亘理 陽一 (2021).「授業間課題と授業内活動の拡張的シークエンス: 教員養成課程専門科目『英語学習法」の深化と挑戦』」『The Promising Age 31: Special Issue in Honor of Megumi Uchida』, 175−187.
  • 草薙 邦広・鬼田 崇作・亘理 陽一 (2021).「外国語教育研究の再現可能性: 素朴な認識の拒絶と追求姿勢の擁護」『広島外国語教育研究』24, 179–195.
  • 常名 剛司・藤井 基貴・亘理 陽一 (2021).「CLILで繋ぐ小学校外国語教育と防災教育の統合実践」『静岡大学教育学部研究報告: 教科教育学篇』52, 32−42.
  • Amano, S., & Watari, Y. (2020). Assessing the medium of instruction in EFL classrooms: A Shizuoka case study. Journal of the Chubu English Language Education Society, 49, 275-282.

著書

  • 「外国語コミュニケーション」石井 英真(編)『流行に踊る日本の教育』(pp. 173–198)東洋館出版社、2021年
  • 「英語という言語の特質: どのような英語を学び教えるのか?」酒井 英樹・廣森 友人・吉田 達弘(編)『「学ぶ」・「教える」の観点から考える 実践的英語科教育法』(pp. 4–22)大修館書店、2018年
  • Watari, Y. (2017). Pedagogical Grammar: A theoretical background from the perspective of applied linguistics. In A. Tajino (Ed.), A new approach to English pedagogical grammar: The order of meanings. New York, NY: Routledge.
  • 酒井 英樹・滝沢 雄一・亘理 陽一 (編)『小学校で英語を教えるためのミニマム・エッセンシャルズ: 小学校外国語科内容論』三省堂、2017年

メッセージ

大学での経験やここで身につける知識、そして用いることばが、人を選別・差別するためではなく、あなたのユニークさや誰かにとってのやさしさとなり、それがあなたにとっての喜びになることを望んでいます。手をさしのべ、手をさしのべられ、手をとりあって、そういう教育・研究をみんなで作っていきましょう。

オフィスアワー

<春学期>木曜 16:40〜18:10、<秋学期>月・木 14:55〜16:25
出張等で不在のことも多いので、アポイントメントを取って来室することを勧めます。

back to TOP back to TOP