教員紹介

PROFESSORS

プロフィール

郡 伸哉 教授

KORI Shinya

学位文学修士
所属言語文化学科
出身校大阪外国語大学 大学院外国語学研究科修士課程修了
専門分野ロシア文学、文学理論
担当科目ロシア語、文学から学ぶ言語文化、ロシア・東欧地域研究、異文化コミュニケーション演習
研究室名古屋学舎16号館 2階

自己紹介

ロシア文学を研究していますが、文学という概念を広く「ことば」で表されたものと捉えるならば、文学研究とは、「ことば」についてさまざまな角度から考えることだといえると思います。わたしが魅かれる「ことば」とは、手探りで考えをめぐらせながら、人にも考えさせるような「ことば」、穏やかだけれども力をもった「ことば」です。他方で、人を信用させようとして、意識的ないし無意識的に欺いているような「ことば」も考えてみる価値があると思っています。どちらにしても、それらを紡ぎだすメカニズム、精神、それを支える社会、そういうものについて考え、得られたものを自分の仕事や生活にも取りこんでいければと思っています。

主な論文・著書

論文

  • 「バフチンの〈時空〉概念の根底」
  • 「ドストエフスキー『白痴』のプロット構造における〈死〉」
  • 「ロシア語の〈スチヒーヤ〉―ロシア人の人間観・言語観をのぞく窓」
  • 「ペテルブルグのエネルギー―文学はそれをどう捉えてきたか」など

著書

  • 『プーシキン―饗宴の宇宙』彩流社
  • 『チェーホフ短篇小説講義』彩流社
  • 『語りの言語学的/文学的分析』ひつじ書房(共著)

翻訳

  • プーシキン『青銅の騎士・小さな悲劇』群像社

メッセージ

みなさんは大学で新しい世界に触れます。とりわけ外国語や外国の文化を学びますが、それがめざすことは、自分の言語と文化を新しい目で見ながら、自分の世界を拡大していくことだと思います。日々の学びのどんな事柄もそのきっかけになりうるはずです。そのきっかけを、みなさんといっしょにつかみたいと思います。

オフィスアワー

月曜日 / 5時限

back to TOP back to TOP