教員紹介

PROFESSORS

プロフィール

樹本 健 准教授

KIMOTO
Takeshi

学位博士(東アジア文学)
所属国際学科
出身校コーネル大学 大学院アジア研究科博士課程
専門分野思想史
担当科目哲学・人間学入門II、比較思想概論、Basics of Modern Philosophy and Comparative Thoughtなど
研究室名古屋学舎14号館 5階

自己紹介

専門は思想史です。学部時代に「西洋哲学」を学んだこともあり、「西洋」と「非西洋」の関係に関心をもってきました。米国に留学し、教員経験にも恵まれました。それ以来、英語を通じて近代日本と西洋、アジアの関係を思想的、歴史的に読みなおす作業をしています。

主な論文・著書

論文

  • “Romantic Colonialism: Yasuda Yojuro and the Korean Peninsula as the “Japanese Bridge.”” 『国際学部紀要』(2021年3月)
  • “Kanbun and Translation: Revisiting Naoki Sakai’s Voices of the Past.” Ex-position 40 (December 2018).
  • “Aleatory Dialectic.” Confronting Capital and Empire: Rethinking Kyoto School Philosophy. Ed. Viren Murthy, Fabian Schaefer, and Max Ward. Leiden: Brill, 2017.
  • “Immaterial Technique and Mass Intelligence.” Tosaka Jun: A Critical Reader. Ed. Ken Kawashima, Fabian Schaefer, and Robert Stolz. Ithaca: Cornell East Asia Series, 2013.
  • “Post-3/11 Literature: Two Writers from Fukushima.” World Literature Today Jan./Feb. 2012.
  • “Antinomies of Total War.” positions: east asia cultures critique 17.1 (Spring 2009).

著書

  • 「負債問題から見るアメリカの新自由主義の構造的矛盾と対抗運動」三宅芳夫・菊池恵介編『近代世界システムと新自由主義グローバリズム』(作品社、2014年)。

メッセージ

国際学部第1期生のみなさん、ご入学おめでとうございます。みなさんと初々しい気持ちで新学部を作っていけたらと思っています。留学や外国語学習についても相談に乗ります。一緒に頑張っていきましょう!

オフィスアワー

火曜日 / 4時限

back to TOP back to TOP