教員紹介

PROFESSORS

プロフィール

米岡 大輔 准教授

YONEOKA Daisuke

学位博士(文学)
所属国際学科
出身校大阪市立大学 大学院文学研究科後期博士課程
専門分野西洋近現代史、ハプスブルク帝国史、東欧史
担当科目グローバル・ヒストリー概論I(歴史学)など
研究室名古屋学舎14号館 5階

自己紹介

多民族国家ハプスブルク帝国の歴史を研究しています。大学院時代には、オーストリアに留学し、その後も研究調査のため、ウィーンやサライェヴォなど、中東欧の諸都市をたびたび訪問しています。その際心がけているのは、史料収集を行うことともに、街を散歩したり、人と会話したりして見聞を広めることです。私の研究テーマに関係なく、ヨーロッパ近現代史に関心のある方は気軽に声をかけて下さい。

主な論文・著書

著書

  • 「帝国統治への抵抗と順応-ハプスブルクとボスニアのイスラーム-」『東欧史研究』40号、2018年。
  • 「ボスニア・ヘルツェゴヴィナ文書館が燃えた日-内戦後の歩みの中で-」『歴史評論』783号、2015年。
  • 「ハプスブルクとオスマンの間でーボスニアの『進歩的ムスリム』による教育改革論ー」(秋葉淳・橋本伸也編『近代・イスラームの教育社会史ーオスマン帝国からの展望』昭和堂、2014年)
  • 「オーストリア=ハンガリー二重帝国によるボスニア領有とイスラーム教徒移住問題」(『史学雑誌』第123編第7号、2014年)
  • 「ハプスブルク帝国によるボスニア占領とイスラームの反応」(『史潮』第74号、2013年)
  • 「ハプスブルク帝国治下ボスニアの進歩的ムスリム(Napredni Muslimani)ー機関紙『オグレダロ(Ogledalo)の言説をめぐって』ー」(百瀬亮二編・柴宜弘監修『旧ユーゴ研究の最前線』渓水社、2012年)
  • 「ハプスブルク帝国下ボスニアにおけるイスラーム統治とその反応ーレイス・ウル・ウレマー職をめぐってー」(『史林』第94巻第2号、2011年)
  • 「ボスニア系ムスリム知識人による『民族』論ーハプスブルク帝国統治期を中心にー」(『西洋史学』235号、2009年)
  • 「ハプスブルク帝国統治下ボスニア・ヘルツェゴヴィナにおける初等教育政策の展開」(『東欧史研究』28号、2006年)

メッセージ

自分の頭で深く考え、それを多くの人が理解できる形で表現できるような人になってください。

オフィスアワー

特定の曜日・時間を定めていません。
備考:メール等で事前にアポイントをとって下さい。

back to TOP back to TOP