教員紹介

PROFESSORS

プロフィール

永石 信 教授

NAGAISHI Makoto

学位M.A. (Economics)
所属国際学科
出身校南カリフォルニア大学、インド・ジャワハルラルネルー大学院大学など
専門分野組織開発、リーダーシップ開発、国際ビジネス戦略
担当科目「Global Business and Leadership」「組織・人材マネジメント」など
研究室名古屋学舎14号館 337号室

自己紹介

広告代理店勤務(営業、事業開発)、インド留学(修士課程)、アメリカ留学(博士課程)などを経て、2005年にコンサルタントとして独立。2010年中京大学経営学部・准教授。2015年より同教授。アメリカ時代に組織開発(Organization Development、以下ODと略す)に出会い、そのコンサルティング実践と研究に目覚めました。2017年よりカナダSimon Fraser UniversityのGervase Bushe教授との共同研究を開始し、共著英語論文、単著英語論文を米国OD Journal誌などに発表しています。 仕事面では、組織開発コンサルタントとして、クライアントの皆様とともに厳しい現場で何とか歯を食いしばる日々。ODコンサルティングの面で厳しく指導を受けたBrenda Jones(NTL Institute元代表)からいただいた「Share your gift to the world. Be yourself. Use yourself.」 という言葉を心の支えにしています。プライベート面では、「阪神タイガース」「ひとりカラオケ」「チャーハン」「ワイフと子供たち」をこよなく愛しています。
【研究紹介サイト】https://www.researchgate.net/profile/Makoto-Nagaishi

主な論文・著書

論文

  • Nagaishi, M. (2021) Mutual sense-censoring, generative exploration, and collaborative change: A case study of headquarters-subsidiary relationships in Asia. Academy of Management Annual Meeting Proceedings, forthcoming.
  • Nagaishi, M. (2020) Organizational discourse and change in Japan: Practicing between generative and dominant discourses. Academy of Management Annual Meeting Proceedings, 2021:1, 14132 (https://doi.org/10.5465/AMBPP.2020.14132abstract).
  • Nagaishi, M. (2020) Diagnostic and dialogic organization development assumptions: Their fit with Japanese culture. Organization Development Journal, 38:3, 33-44.
  • Bushe, G.R., & Nagaishi, M. (2018) Imagining the future through the past: Organization Development isn’t (just) about change. Organization Development Journal, 36:3, 23-36.

メッセージ

4年間の大学生活は、苦しいけれども忘れられない学びの連続になると思います。皆さんには、人が見ていないような部分に対して必死に、地道に、誠実に努力し続ける人間になってもらいたいなと思っています。私もそういう人間でありたいし、そこに向かって日々努力していきます。

オフィスアワー

火曜日 / 3時限(できるだけMaNaBoメールや永石大学メルアド宛で、事前アポイントを取って下さい)
場所:14号館337研究室

back to TOP back to TOP