言語文化学科

DEPARTMENT OF
LINGUISTICS AND
CULTURAL STUDIES

言語文化学科

言語と文化の「違う(多様性)」と
「同じ(普遍性)」から考える力を。

世界には何千という言語と文化が存在しています。
お互いのことばがわからず、対話ができないこともあれば、ことばが通じてもお互いを理解し合えないこともあります。
そんな時は決まって「ことばの壁にぶつかった」、「文化の違いを感じる」という声を耳にします。
各々の言語と文化の違いを超えて対話するためには、当然「違う」ということを理解することが大切です。
また同時に、一見異なる言語と文化にも「同じ」点が沢山あるということを知っておくことも大切です。
言語文化学科は、言語や文化という人間活動の根本を探究しながら、
現代の国際化社会のさまざまな要請に言語文化の知見を活かして挑み続けることができる生涯学習者を育成します。

ABILITY TO ACQUIRE

言語文化学科で身につける能力

01

「言語文化の専門家」という立場から、社会におけるさまざまな事例に対し、自らの意見を世界に向けて発信することができる能力。

02

言語文化に関する広範で深遠な知識と教養を活かし、その時々の社会的文化的文脈に応じて、しなやかに対応することができる能力。

03

英語やその他の外国語を用いて国際社会のさまざまな場面に適切に対応できる高度な外国語運用能力。

back to TOP back to TOP