報告テーマ:「パブリックディプロマシーを活用して~日本の印象を良くしよう~」
研究室名:佐道プロジェクト研究 報告者:押谷千佳、田中美帆、長瀬実希

佐道プロジェクト研究

 

 外国から見た日本の文化などに対する評価は高いです。しかし、慰安婦問題などの政治的な要因が対外評価を低くしています。慰安婦問題は日韓間における問題ですが、近年では第三者である国から、日本に謝罪を求める声が強まっています。このような現状から抜け出し、日本の印象を良くしていくために今後日本はどのように動いていくべきでしょうか。私たちは、パブリックディプロマシーを使った外交を提案しました。

  • 記事を共有