印刷する

教育方針と取り組み

学部・学科の教育研究上の目的

  本学は、よりよい教育研究のため、「教育研究上の目的に関する規程」を制定し、その中で、11学部18学科、大学院11研究科16専攻それぞれの、「人材の養成に関する目的」を明記しています。各学科、各専攻は、それぞれの学びの特色を活かし、実社会で活躍できる能力と豊かな人間性を身につけた人材の輩出を目指します。

文学部

  文学部日本文学科、言語表現学科及び歴史文化学科の人材の養成に関する目的、その他の教育研究上の目的は、次のとおりとする。

  • (1)日本文学科は、研究目標を世界文学における日本文学の持つ普遍性及び特殊性について実証的に考究することに置き、教育目標を日本文学科に学ぶ学生の自己実現をサポートし、伝統的な価値観を踏まえつつ多様化する社会に建設的に関わることのできる有為な人材を養成することに置く。これらの目標実現のために、言語表現学科及び歴史文化学科との連携の下、古典籍を含む資料の収集を段階的に図り、また、文学事跡の実地踏査を行う等実物に即した教育研究活動の実践に努める。
  • (2)言語表現学科は、高度情報化社会における日本語による多様な表現活動及び日本語文化全般を研究対象とする。現代メディアの状況を踏まえた「聞く・読む・書く・話す」技術の錬磨を通して、情報を正確に理解した上で、的確な美しい日本語で自身の考えまたは思いを表現・発信できる能力の養成を教育上の目的とし、日本文学科及び歴史文化学科との連携の下、その能力を高度に発揮して表現活動の第一線で活躍できる専門家を始め、優れた日本語運用能力・コミュニケーション能力によって社会に貢献できる人材を養成する。
  • (3)歴史文化学科は、日本史学及び日本民俗学を中心とし、かつ、宗教学、社会学、地理学等のうち歴史的なアプローチを行う上で隣接する学問分野を研究対象とする。日本の歴史について正確な知識を有し、地域の歴史遺産及び人々の営みの歴史的多様性に 敬意を抱くことを教育上の目的とし、歴史の知識を糧としつつ現代の諸課題に実証的 態度で向き合い、心豊かな社会の建設に貢献できる人材を養成する。そのため、日本文学科及び言語表現学科との連携の下、史料調査、実地踏査等実物に即した教育研究活動の実践に努める。

国際英語学部 (2014 年度入学生以降)

  国際英語学部国際英語学科の人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的は、世界中の英語変種を認め合うという国際英語の視点に立つ英語指導を基に英語力の育成を図 り、英語コミュニケーション能力の育成、コンピュータを駆使した英語による発表力の育 成等にある。また、英米の言語・文化の枠を超えた新しい国際的視野を持つ社会人を養成 する。さらに、現代の国際化する企業組織、国際団体等で求められる多様な専門知識及び 技術を獲得するとともに、汎用性を有する高度な英語力並びに異文化に対する深い理解及 び柔軟な対応力を有する国際人の養成を目的とする。

国際英語学部国際英語学科(2013 年度以前入学生)・英米文化学科(2014 年度 学生募集停止)

  国際英語学部国際英語学科と英米文化学科の人材の養成に関する目的、その他の教育研 究上の目的は、次のとおりとする。
  国際英語学科は、世界中の英語変種を認め合うという国際英語の視点に立つ英語指導 の基に英語力の育成を図り、英語コミュニケーション能力の育成、コンピュータを駆使し た英語による発表力の育成などにつとめる。また、英米の英語や文化への偏重姿勢を超え た新しい国際的視野を持つ社会人を養成する。さらに、現代の国際化する企業組織や国際 団体等で求められる多様な専門知識や技術を獲得するとともに、汎用性を有する高度な英 語力と異文化に対する深い理解や柔軟な対応力を有する国際人の養成を目的とする。
  英米文化学科は、従来の英文研究に見られた文学偏重を排して、イギリス及び北米の 音楽・映画等も研究対象に取り入れた多彩な文化研究と、理論に偏らない実際の言語運用 にも配慮した言語研究を中心とした専門科目を配すると同時に、国際英語の観点も視野に 入れた実践的な英語コミュニケーション能力の強化にも努め、これにより高度な専門知識 に加えて柔軟で多様な価値観を持った、国際化に対応できる企業人・英語教員等を養成す る。

国際教養学部

  国際教養学部国際教養学科の教育目標は、複数の外国語の運用能力を基礎に、言語・歴史・文化・思想・社会に関する学問分野の知見を深め、時々刻々と変化する世界情勢を見極めつつ、能動的に国際協調に貢献しうる国際的教養人を養成することにある。その基礎となる教育研究上の目的は、言語及び国際的教養に関わる学術研究並びにその知見の教育方法の開発である。言語に関わるとは、複数の言語を習得させ、その運用能力を高めることであり、国際教養に関わるとは、広範な分野にわたる多角的学術的課題である。

心理学部

  心理学部心理学科の人材の養成に関する目的、その他の教育研究上の目的は、幅広い心理学の基礎知識を修得した上で、現代心理学の主要領域である、実験心理学、応用心理学、臨床心理学、発達心理学に関する専門知識と深い思考力を身につけた、社会に貢献できる人材の養成にある。特に、実験による科学的・客観的な心の分析、採用人事や社員教育、交通や作業上の安全性の追求、心の問題への的確なアセスメントと効果的な援助、人が生まれてから死ぬまでの心の発達の探究など、心理学の専門家として社会が求める人材を養成する。

現代社会学部(2014年度以前入学生)

  現代社会学部現代社会学科の人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的は、現代社会における<社会・文化・人間>の諸相を探求するために、社会学を軸に心理学、教育学、文化人類学、社会福祉学等が連携して、「環境とまちづくり」「メディア表現」「グローバル化と文化」「共生と福祉」「心のケアとサポート」「教育・家族とライフコース」の6領域で教育と研究に取り組むことである。専門的知識とそれを背景とした調査力・実践力・表現力を備え、社会の一員として活躍するだけでなく、現代社会を理解し、生きぬく人材を養成する。

現代社会学部(2015年度入学生以降)

  現代社会学部現代社会学科の人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的は、現代社会に生起する諸課題に果敢に挑戦し、その克服のために尽力する人材の養成にある。この目的を達成するために、社会学を軸に教育学、心理学、社会福祉学、文化人類学等が連携して、社会学専攻、コミュニティ学専攻、社会福祉学専攻及び国際文化専攻の4専攻を柱として配し、教育及び研究に取り組む。各専攻に基づいて体系的に修得する専門的知識とそれを背景とした調査力・実践力・表現力を備え、社会の一員として活躍するだけでなく、現代社会の構造を理解し、目指すべき社会を構想する人材を養成する。

法学部

  法学部法律学科は、法学(すなわち、法律学及び政治学の両分野)に関する専門知識、思考方法、問題発見及び問題解決能力を修得させるとともに、確固たる遵法精神を持ち(「ルールを守る」)、協調性及び社会性に富み(「チームワークをつくる」)、他者の存在及び意見を尊重し(「相手に敬意を持つ」)、最善かつ不断の努力を惜しまない(「ベストを尽くす」)人物の育成を行うことを教育研究上の目的とする。

総合政策学部

  総合政策学部総合政策学科の人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的は、社会科学の諸分野すなわち政治学・法律学・経済学・経営学等の幅広い基礎的学修をベースとして、実社会で生起している本来的に多面性を有する諸問題に取り組むための思考習慣を涵養することである。そのような思考の実践過程が実社会においては協働的プロセスによって行われることに鑑み、能動的学修にも重点を置く。これらの教育を通じて、企業・公共団体等の組織、また地域・国際社会等における協働的プロセスの様々な場面において重要な役割を果たすことのできる人材を養成することを目的とする。

経済学部

  経済学部経済学科の人材の養成に関する目的、その他の教育研究上の目的は、経済現象を理論的・実証的・歴史的見地から解明し、経済問題の解決に広く貢献することを理念とする。基本的な経済学の知識を修得させること、現代情報化社会に適応できる能力を養わせること、および国際感覚に優れ、幅広い教養と総合的な判断力を培わせることを通じて、国際環境の変化と国内経済の変動に対処するべく、国際性と専門性を兼ね備えた、理論と実践に強い優れた人材の養成を教育目的とする。

経営学部

  経営学部経営学科の人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的は、複雑化・国際化が加速する現代社会に即した経営理論並びにその実践への応用力及び論理的思考力を備えた、企業を始め官公庁、NPO法人等の各種組織体で活躍できる人材の養成にある。そのために、次に掲げる能力、知識等を備えた人材の養成に取り組む。

  • (1)コンピュータ、外国語及び簿記・会計に関する基礎的能力
  • (2)各種組織体経営に関する全般的・基礎的知識及び高度の専門的知識
  • (3)問題を発見し論理的に分析・解析する能力及びコミュニケーションを図る能力
  • (4)地域はもとより国家・世界に寄与する多様な視点

工学部

  工学部機械システム工学科、電気電子工学科、情報工学科、メディア工学科の人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的は、次のとおりとする。

  • (1)機械システム工学科は、機械、電子、システムなどを要素技術として、人間生活の利便性と生活の質を向上させるために、先進的な機械システムを築くことのできる基礎的な知識と技術を有した実践力のある人材の養成を目的とする。学生が、機械の強度設計や性能設計に必要な力学各分野の基礎知識の理解のもとに、機械や機械システムの設計の基本原理と各種機械要素の機能や原理、材料選択や製造加工など設計や製作のための基本的な知識と技術の修得と機械の性能や安全性について判断や評価ができる基礎的な知識を身に付けることを、教育研究上の目的とする。
  • (2)電気電子工学科は、電気、電子、情報通信技術の基礎を確実に修得し、急速に進歩する電気電子工学分野の産業の発展を担う信頼感のある技術者の養成を目的とする。学生が、電気回路及び電磁気学に関する基礎的な知識を修得した上で、電気系科目では電気機器および電力ネットワークの基礎知識を、電子系科目では電子デバイス、集積回路など半導体の基礎知識を、情報系科目では組込みシステムや画像信号処理の基礎知識を、通信系科目では通信システム、無線通信の基礎知識を身に付けることを、教育研究上の目的とする。
  • (3)情報工学科は、高度に並列分散化しネットワークで結ばれた時代に即応できる情報システムの設計、実装、運用に携わる人材の養成を目的とする。学生が、情報システムの基本構成と基本要素について理解し、プログラミングとソフトウェア開発、情報処理環境の機能と運用、情報処理技法の設計と評価、情報と計算に関する形式的記述と論理的思考、ハードウェアやソフトウェアの設計と製作、分散システムの設計や開発に関する基礎知識を身に付けることを、教育研究上の目的とする。
  • (4)メディア工学科は、情報通信技術を情報の媒体と捉えた応用システムの考案、開発を担うメディア技術者の養成を目的とする。学生が、情報技術の基礎的な知識と技能を修得し、ネットワークの構築と運用やアプリケーションソフトの開発、コンテンツ制作のための基盤能力とデザイン能力、メディア情報処理システムの設計や開発などのメディアテクノロジとメディアデザインに関する基礎知識を身に付けることを、教育研究上の目的とする。

情報理工学部 (2013 年度 学生募集停止)

  情報理工学部情報システム工学科、情報メディア工学科、機械情報工学科の人材の養成に関する目的、その他の教育研究上の目的は、次のとおりとする。

  • (1)情報システム工学科は、情報システムの設計、実装、運用に携わる技術者の養成を目的とする。オペレーティングシステム、ネットワーク、データベースなどを基幹構成要素として、情報の収集・処理・流通などの機能を果たす情報システムを実現するための教育、研究をおこなう。システムの設計からプログラミングによる実現に至るまでの情報システム開発における専門的かつ総合的な技術を身につけるための実践的教育を目標とする。
  • (2)情報メディア工学科は、情報メディア技術の実用的応用に携わる人材を育成することを目的とする。そのために、IT基礎技術、各種設計技法、アプリケーションソフトウェア習得について教育、研究を行い、今後増え続けるであろうIT応用サービスに関する社会的ニーズに対応することを教育目標とする。
  • (3)機械情報工学科は、機械工学と情報技術の融合分野で、理工学系の基礎と、専門を活かした実践力を併せ持つエンジニアの養成を目的とする。機械、電子、システムなどを要素技術として、人間生活を向上するための先進的機械システムを築くための教育・研究をおこなう。ロボティクス、メカトロニクス、生産システムなどの機械製造に関わる知識・原理および、ものづくりの基礎技術を習得するための実践的教育を目標とする。

スポーツ科学部

  スポーツ科学部は、組織として研究対象とする中心的な学問分野をスポーツ科学分野とし、当該分野における教育・競技・健康にまたがる諸科学の総合的な教育研究を通して、科学的方法に基づくスポーツや心身の健康に関する専門的な知識や技術を涵養するとともに、幅広く深い教養と総合的な判断力、豊かな人間性を兼ね備えた有為な人材を養成することにより、広く社会に貢献することを教育研究上の目的とする。また、スポーツ科学部が設置するスポーツ教育学科、競技スポーツ科学科、スポーツ健康科学科の人材養成の目的は、次のとおりとする。

  • (1)スポーツ教育学科は、体育学分野及び健康科学分野に関する専門的な知識を修得したうえで、その知識を統合的に理解・応用することができる能力と、心身の発達段階に対応した実践指導能力および課外活動指導能力を身につけた人材を養成する。
  • (2)競技スポーツ科学科は、スポーツ科学に関する知識を修得したうえで、スポーツパフォーマンス向上のためのトレーニング科学やコーチング科学に関する知識とそれを実践的場面で応用する技法を有した人材及びスポーツ関連組織等の運営に関する実践能力を有した人材を養成する。
  • (3)スポーツ健康科学科は、スポーツと健康科学に関する専門的な知識を修得したうえで、健康づくり運動やレクリエーションスポーツの実践力や指導力を有した人材及び健康科学の観点からスポーツパフォーマンスをサポートすることができる能力を有した人材を養成する。

体育学部(2011年度 学生募集停止)

  体育学部体育科学科の人材の養成に関する目的、その他の教育研究上の目的は、次のとおりとする。
体育学部体育科学科は、体育科学モデル、スポーツ科学モデル、武道モデルの3つの履修モデルを有し、体育科学モデルでは保健体育教員を目指す人材の養成、スポーツ科学モデルではスポーツ競技者や競技スポーツ指導者を志向する人材の養成、武道モデルでは柔道および剣道の高度な技術および指導力を備えた人材の養成を目指した専門的な教育研究を施す。

このページを見た人はこんなページも見ています