トップページ > 研究科紹介 > 研究科長挨拶

研究科長挨拶

  中京大学大学院心理学研究科のホームページにお越しいただきありがとうございます。心理学研究科では、学問や科学技術の急速な進歩に対応しながら、高度に専門的な知識を備えた人材の育成を目指して、教員・院生が努力を重ねています。

心理学研究科の概要

 本学では、心理学部の完成とともに、文学研究科心理学専攻を改組転換して、心理学研究科を発足させました。本研究科では、心理学部と一体化した運営により、カリキュラムの多様化を通じて、今後をになう研究者の教育や、臨床心理士など、実務専門家の養成に力を注いでいます。  本研究科は、実験・応用心理学専攻と臨床・発達心理学専攻の2専攻で構成されています。現代の心理学は、人間に関わる幅広い領域をカバーし、また、社会の中の様々な問題解決に関係して、トータルな人間理解を可能にする教育・研究体制をもっています。本研究科の具体的なカリキュラムの特徴としては、修士課程での「心理学論」や「心理学研究法」など、専攻や領域にとらわれない基礎的な授業科目を重視していることがあげられます。大学院の目的は、高度な専門教育を行うことにありますが、一方で、大学院修了者にふさわしい視野の広さと豊かな人格を備えた、実社会のあらゆる場面で活躍できる人材の育成を心がけています。

研究科長よりひとこと

 大学院へ進学する理由として、純粋に、学問への好奇心から研究を続けるのもよいと思いますし、よりよい就職のためや、資格取得、公務員志望もよいでしょう。本研究科は、意欲と能力のある若い人たちが、心理学の世界に「あと一歩」足を踏み入れる場を提供します。修士課程を経て、博士課程へ進み、本研究科から心理学のプロの仲間入りをする院生がさらに増えることも期待しています。

pagetop
Copyright(C) Chukyo University.all rights reserved.