2017.07/07

Group Research Conventionが開催されました。

 今年で第4回を迎えたGroup Research Conventionが2017年7月9日に清明ホールで開催されました。グループでそれぞれのトピックを選択し、英語でプレゼンテーションを行う本大会。今年からグループの数を増やし、各自がより多くプレゼンテーションを行えるようになりました。またトピックもよりバラエティに富むこととなり、聞きごたえのあるプレゼンテーションが数多く発表されました。運営委員長を務めた竹内陸君(国際英語キャリア専攻2年)からの報告です。

 私は昨年のGRCでは全く運営に関わらない一般学生として参加していましたが、今回は運営の代表として活動をさせていただきました。
今年は会場やグループの数、審査の方法が前年までとは変わり、新たな事が多く、大変ではありましたが、各班からの代表の学生たちや、先生方のご協力により、無事に成し遂げることが出来ました。
 大学生は生活の仕方がこれまでと比べてかなり自由になり、行事等への参加も自由になっている中、私達の専攻ではこのようなイベントがあることは大変意義があることだと思います。
 学生が主体となって運営をし、プレゼンを用意しているということが自然と私達の自主性と協調性を高めているのだと思います。すべての班が素晴らしいプレゼンをしていたことが何よりも嬉しかったです。
 参加された学生の皆さんに知っていただきたいのは、私のように表に立って活動をしている代表の学生がいる裏では15名の学生が裏で運営をしていたということ。多くの先生方が私達のプレゼンテーションの添削をしてくださったこと。先輩方や留学生の方々が審査のためにいらして下ったことです。
 何かを成し遂げるためには多くの方の協力無くしては不可能です。一年生の皆さんはぜひ、今年の経験を糧に、来年もより良い会となるように頑張ってください。関わってくださったすべての皆さん、ありがとうございました。

1年生 1位 Peer2B 「Manga are World Language」
2年生 1位 Peer1A 「Racism」

竹内陸(国際英語キャリア専攻2年)

News一覧へ
pagetop