2017.03/03

シンガポール研修が終了しました。

2月23日、シンガポール研修の第1陣が帰国しました。語学研修や異文化見学、さらにシンガポール国立大学の学生との交流など、今年も盛りだくさんの内容で充実した日々を過ごしました。研修の感想を紹介します。

■遠藤 茉奈実
初めてシンガポールの地に一歩足を踏み入れた時、心がワクワクした事を今でも鮮明に覚えています。ふと辺りを見回すと、様々な文化が一つの国に共存しており、日本とは異なる新鮮な世界が私の目に映りました。英語は一つの言語ではなく、その地特有の英語が飛び交っており、初めて世界の英語に触れた瞬間でもありました。最初は聞き取れない言葉が多くて戸惑いましたが英語の奥深さ知れば知るほど学びたいという好奇心がたくさん芽生えました。このシンガポール研修は自身の成長に繋がる大きな経験となりました。まさにWorld Englishes! 母国を離れ経験した学びは、私の一生の宝物です。

■榊原 聖菜
このシンガポール研修では、NUSの生徒との交流会や伝統的な文化について学んだり、プレゼンテーションをしたりなど、素晴らしい経験をさせていただきました。あっという間の二週間ではありましたが、振り返ると一日一日がとても濃くて毎日たくさんの人との出会いがありました。私は人とお話しすることが好きなので、それを生かしてシンガポールではあらゆるところで現地の人とコミュニケーションをとることを心がけました。この二週間で英語力が伸びたのかどうかわかりませんが、この経験は自信につながり英語に対するモチベーションもさらにあがりました。素晴らしい経験と出会いに感謝です。

■田中 万里奈
今回、初めて海外に行くわたしは出発前、自分の英語力がどれほどのものなのか理解してないうえに表現力に自信がなく、本当にこれからやっていけるのだろうかと不安に思っていた。しかしこの研修を通して、この考えが少し改善されたと感じている。平日の授業においても、休日の外出においても、常に英語が必要となる環境におかれることにより、自分自身のスピーキング力が試され明らかとなった。加えて、今の弱点も理解することができ、今後の学習に大きく繋げられる研修となった。

News一覧へ
pagetop