2017.02/22

[TOEIC高得点者の声]日比野志保さん(国際英語キャリア専攻3年)

国際英語キャリア専攻3年の日比野志保さんがTOEICで900点越えという高得点を出しました。

Q:TOEICで900点を超えてどんな気持ちですか。

日比野:正直に嬉しいです。大学に入学したての頃は、TOEICで900点を超えることは夢のまた夢でしたし、ずっと高得点を取ることを目標にしていたので、時間はかかりましたが今回目標を達成することができて、とてもよかったと思います。

Q:キャリア専攻での学びはどのように生かされましたか。

日比野:まず、入学して私が驚いたことは、ネイティブスピーカーによる授業の多さです。それもほとんどが少人数制で行われているので、自分の能力を最大限に伸ばせる場所だと感じました。キネイティブスピーカーなどによる授業で英語に毎日触れることで、リスニング力はもちろん、語彙力、表現力も非常に高められたと感じます。またTOEIC対策の授業もあるので、問題を解きながらテスト対策をすることができました。私自身、個人的にあまりTOEICの対策はしていなかったので、こういったTOEIC対策の授業は大変役に立ったと思います。そして中京大学には留学制度も整っています。実際、専攻の生徒の多くがセメスター留学や、交換留学を経験しています。私自身も、実際1年間の交換留学を経験しました。留学の経験により、語学の上達以上の、言葉では表せないほどたくさんのことを学びました。このように環境の整った場所で学生生活を送り、様々な経験をしたことは、かけがえのない財産になったと感じます。

Q:これからの目標を聞かせてください。

これからは自分が大学で学んだこと、経験したことを踏まえて、社会にどのように貢献できるのかを考えていきたいです。就職活動も始まりますので、自分が何の手段を持って、変化をもたらし、社会に貢献できるのかを考えながら、自分の新たな目標を探していきたいと思います。また、英語に関しても学ぶことを怠らず、常に成長できたらいいと思います。



News一覧へ
pagetop