2017.1/26

SDL TRADOSの修了証授与式を行いました。

2017年1月19日、国際英語キャリ専攻が日本で初めて導入した、翻訳実務支援ソフト「SDL TRADOS STUDIO」の操作方法を習得する授業「翻訳とIT Ⅱ」の修了証授与式が行われました。今年度は履修者の大幅増と寺川先生の熱心なご指導もあって、30名余が公認資格を取得しました。修了式では、専攻関係者が見守る中、一人一人に寺川先生より修了証が授与されました。また、今年度で勇退される寺川徹先生(SDL社公認インストラクター)より激励の言葉があり、全員で別れを惜しみました。寺川先生、誠に有難うございました。

- 学生の声 -
金原千玲(国際英語キャリア専攻3年)
翻訳とITの授業において、SDL TRADOSを使いました。SDL TRADOSは翻訳する際に、正確性とスピードの向上に大きく貢献してくれるソフトウェアです。プロの翻訳家のほとんどがこのSDL TRADOSのソフトを実際に使っていますが、授業に取り入れているのは中京大学のみです。クラスの誰もが初めて使うので皆、同じレベルでスタートすることができました。難しいと感じたことは何度かありましたが、寺川先生が、クラス全員の足並みが揃うように、丁寧に教えてくださったことでパソコンに不慣れでも認定試験に合格することができました。就職活動においてこの認定試験を持っているとなれば、他の就職活動生は持っていない資格なので先手を打つことができます。日本全体でも、取得している人はかなり少ない資格ですが、この授業のおかげで着実にとることができました。

鶴岡由莉子(国際英語キャリア専攻3年)
翻訳支援ソフトというものにこの授業で初めて触れましたが、一から専門用語やTrados Studioの使い方などを丁寧に教えて下さいました。そして、授業の最後には資格認定も頂くことができ、自分が学んだことを形として残せたことをうれしく思います。今では自信を持って「SDL Trados Studioを使える」と言うことができるようになりました。この授業で学んだことをひとつの武器として就職活動に挑みたいと思います。「翻訳とIT」という授業を受けることができて良かったです。

仲田沙耶(国際英語キャリア専攻3年)
今回TRADOSの資格獲得という目標を達成することができてとても嬉しく思っています! TRADOSは翻訳業界において、非常にスタンダードな翻訳ソフトとして認知されていることに加え、この資格を扱っている大学は全国でも中京大学しかないことを知り、自分の可能性を広げるためにも取得することを決めました。また、これから始まる就職活動において、一つのアピールポイントとして生かしていきたいです。

中谷彩虹(国際英語キャリア専攻3年)
私は一年を通して寺川先生の「翻訳とIT」の授業を受けました。初めはもちろん、トラドスの存在を知りませんでした。それに、パソコンを使用した翻訳の授業ということで、上手く使いこなせるか、正直不安でした。しかし、寺川先生が毎回、前回の復習も含めて、丁寧かつわかりやすく指導してくださったおかげで、トラドスをちゃんと理解した上で、使うことができるようになりました。そのため、認定試験にも合格して初級認定ユーザーとなりました。この認定ユーザーは、日本でもそんなに数多くいるわけではなく、また、授業として他大学に先駆けたものだった、ということで、とても価値のある授業だったと思います。この授業を受けることができて、資格を得ることができて、本当に嬉しく思います。また、日本でも多くの企業がトラドスを使用しているということなので、就職活動、または実際に働く上で、この資格を活かしていきたいと思います。

古田悠(国際英語キャリア専攻3年)
私は、もともと翻訳の仕事に興味があり、「翻訳とIT」の授業を受講しました。この授業では、パソコン上でSDL STRADOS STUDIOを使用しながらワード文章やパワーポイント文書の翻訳方法について学びました。私は、パソコン作業が得意な方ではないですが、寺川先生が親身になって教えて下さったおかげで、初級コースの認定試験に合格することが出来ました。このTRADOSの使用方法を習得できる授業があるのは中京大学だけという事もありとても貴重で、実りのある技術を学ぶことが出来ました。

森奈緒美(国際英語キャリア専攻3年)
翻訳とITの講義を通して、SDL Trados Stodioの初級認定ユーザーの資格を取得することができました。普段ではなかなか触れる機会のない翻訳支援ツールについて学ぶことができました。また、資格取得に加えパソコンについての知識もたくさん得ることができ、パソコンスキルも今までよりも格段に向上しました。この先の就職活動においても、この資格は私にとって大きな強みになると思っています。

森井優奈(国際英語キャリア専攻3年)
「翻訳とIT」を1年間受講して得られたものはたくさんありましたが、その中でも形に残るものとしてSDL Trados Studio初級コースの認定資格を取れたことが最も嬉しかったです。就職活動をひかえた今、特別な資格を持っていたわけではなかったので授業を通して資格を得られることがとても有意義に感じました。また、コンピュータを使いながらの講義ということで最初は「難しそう」「ついていけないかも」という不安がありましたが、丁寧な指導と一人ひとりに合わせたスピードで進めていただき、理解しながら講義を受けることができました。翻訳に対しての関心も高まり、今後の就職活動において視野を広げる良い機会になりました。

News一覧へ
pagetop